心情因性早漏

心情因性早漏

早漏,頭因性早漏

 

内面因性の早漏のケアとしては、性行為に対しての暴走度合いを押し下げる事が必要だ。

 

女子の体について暴走をしてしまうのは男性である以上仕方ない件なので、その興奮度の制圧が重要になってきます。

 

それには予め、自慢の暴走平均を把握する事が必要です。

 

暴走平均

①【アベレージ具合】
②【半乗り具合】
③【勃起具合】
④【射精に向かう勃起具合】
⑤【射精スレスレの勃起具合】
⑥【射精具合】

 

射精までに差し掛る勃起の具合に関しても、ダラダラ場面がありますので、その場面によって短く射精してしまう具合を意識する事でてんでなると思われるので、ひとまず意識してやってみても良しかもしれません。

 

早漏,頭因性早漏

 

④以降になるとあっという間に射精してしまう状態ですから、③以下に抑えていれば射精断ち切る具合をキープできます。

 

③以下は制圧でき易い具合なので④になってきたらちょっと動作を緩めてみても良いかもしれません。

 

射精を我慢するには、長く息吹を吐く瞬間を定めるって良しようです。

 

息吹を吐くという副交感神経が活性化され射精を遅刻させる事ができるようだ。

 

交感神経というのがあり、これが活性化されれば射精しやすくなり、副交感神経が活性化されると射精しにくいといわれています。

 

悪化性早漏のケア

早漏,頭因性早漏

 

悪化性早漏の原因は、射精をとめるための筋肉です、射精閉鎖筋が衰えてしまっている件だ。主に年齢などで起こります。

 

ですので、その射精閉鎖筋を鍛え正す事で改善罹るものになります。

 

ただしこういう筋肉は直接的鍛えられないのです。

 

その代わりに射精閉鎖筋といった連動して掛かる端末筋というのを鍛えれば改善に達するのです

 

端末筋トレーニングの秘訣

こういう端末筋を鍛え上げるというのは、射精をコントロールできる筋肉なので、非常に効果チックだと言われています。

 

因みにセッティング運動をするという効果チックだと思われます。

男根を暖める

男根を様々な方角、引っ張りストレッチング

ローションを塗ってマッサージする事で血行促進

 

早漏,頭因性早漏

 

端末筋トレーニング

①約5秒 じわじわ肛門を締める
②約5秒 そのときの通り入手
③力を抜いて憂さ晴らし

 

これを粘り強く10回繰り返します。これをワンデイ4設定やってみてください。

 

座ってもできますので、内勤においても問題ありません。

 

頑張れば2ウィークくらいで成果が現れるという、これは有名な秘訣だ。

 

ちょい間抜けなトレーニングに思われがちかもしれませんが、これを根気よくやっていけば、鍛えられて射精を取り止める事ができ易いとされています

 

以外がその原因に合わせた解消法をご紹介してきました。

 

各種方法で早漏の改善はできます。

 

ただしずいぶん意識しても、トレーニングを通しても改善がない場合は、早漏治療薬が様々な品として販売されています。

 

個人輸入身代わりで手軽に購入できますので、トレーニングなどをしながらもとにかくそっちに頼ってみても良いかもしれませんね。

 

早漏TOPページにもどる